気づかないうちにやっているかもしれないモテない行動

気になっている女の子や、初対面の女の子、自分の好みにストライクど真ん中の女の子。そんな女の子と接するとき、モテない男や女の子と接する機会が少ない男は、ほぼ確実に緊張すると思います。

モテない男に限らず、恋愛の場でドキドキがない男なんていないと思います。ですが、ドキドキと緊張は違います。この緊張などがモテない原因の一つなのです。しかも無意識でやってしまっていることが多いので、自分ではなかなか気付きません。

そこで今回は、緊張などが原因でやってしまっているモテないポイントを、具体的な例を挙げてご紹介したいと思います。
・女の子と話をするときに、目を合わせて喋ることができない
・話をするときの声が、やたら小さくなってしまう
・早口になってしまって言葉に詰まったり、噛んだりしてしまう
・常に手や指を動かしてしまって、落ち着きが無い
・髪の毛や顔の一部分などを、常にいじってしまう
・あっちこっちに目線をやったりして、キョロキョロする
いかがでしょう。自分の行動で該当するものはありましたか?

例に挙げたのはほんの一部です。他にも緊張した男独特の特徴はたくさんあると思います。まとめると、このような行動が目立つ男、一言で言えば『挙動不審な男』ということになります。女の子の前であまりにもキョドキョドしていると、相手の女の子は『男らしくない』『頼りない』『気持ち悪い』『軟弱』など、かなりのマイナスイメージを持ちます。

女の子は彼氏になる男に、安心感などを求めますので、安心感の欠片も漂わない挙動不審な男は、すぐに恋愛対象から外されてしまうのです。緊張が原因の行動なので、コントロールは難しいと思いますが、挙動不審な男と判断されてしまったら最後、イメージの回復は容易ではありません。

もしも自覚があるのであれば、出会い自分自身を何としても改善するべきです。自覚がないのなら、周囲の人に確認してみてください。恐らく例に挙げたものが該当する人は、普段からそういった態度になることが多い人だと思います。ということは、キョドキョドするのが癖になってしまっているのです。普段の立ち振る舞いを見直すことが、一番確実で手っ取り早い改善策だと思います。